名古屋の彩り美人塾主宰のカラーアナリストERIKOが、今までの経験からカラー業界のこと、色の資格のこと、ライセンスのこと、ディプロマのこと、お仕事や起業のことをまとめておきますね。

ではさっそくですが、色の資格を「お仕事軸」でおおまかに4つに分けて説明いたしますね。
*1つでもたくさんできるようになった方が収入が増え、安定しますよ。

①パーソナルカラーアナリスト

*カラーアナリスト、カラーコンサルタント、カラーコーディネーター、カラーリスト、などと名乗られている方もいらっしゃいます。

名古屋の彩り美人塾 LCCSカラーアナリストのカラー診断 カラーアナリスト養成講座

こんな感じで顔元に布を当てて似合う色をみつけます
パーソナルカラー診断、またはカラー診断といいます。すごく楽しいです!

主にご自宅か出張で個人の似合う色を診断するのがメインのお仕事です。他にセミナーやイベントを行う方もいらっしゃいます。

現在は、さまざまな診断方法やフォロー体制があるので、ピンと来た診断方法や先生をお選び下さいね(^_-)

このお仕事をするには、どこかのスクールかお教室(サロン)に行って、カラーアナリスト養成講座などを受講し、資格やライセンス、ディプロマを取得する必要があります。

色彩検定、パーソナルカラー検定、カラーコーディネート検定などの資格はなくても全くの初心者でも受講も開業もできます。

開業し動き出すと、パーソナルカラーを診断したお客様がお友達をご紹介くださるなどで広がっていく場合も多いですよ。
彩り美人塾では、ずっと無料で何でもご相談頂けますし、さまざまなLCCSカラーアナリストの為のレッスンメニューをご用意し、皆様の幅広いご活躍を応援&サポートしています。

②カラーセミナー講師

商店街おかみさんセミナーでの講演会講師。名古屋のカラースクールSunlight代表渡辺江利子名古屋のカラースクールSunlight代表渡辺江利子 企業向けカラーセミナー 社員研修のカラー講師をおこなっております。
似合う色・パーソナルカラーのお話をさせて頂いたり、配色ルールや色彩提案書の作り方のお話をさせて頂いたり。
内容も、対象者もいろいろです。

私がやってきたことお教えしますし、卒業生さんならどんなご相談も無料です^^

他社様の卒業生さんにはビジネスコンサルとして有償で対応させて頂いています。

専門学校や大学、大学のエクステンション、カルチャーセンター、企業などで色彩に関する知識を教えたり、色彩検定対策講座やカラーコーディネート講座の講師、セミナーや講演会講師、カラーアナリスト養成講座講師などがあります。

講師メインでやっていくなら色彩検定やカラーコーディネート検定などの「1級を複数」取得されることをお勧めします。

ただ、資格取得後もいろんなセミナーに参加し、さまざまな知識を取得し続ける必要があります。
多くの方は、カラーアナリストになって、パーソナルカラー診断もしながら講師をされているようですよ。

私のように「プランニングのノウハウを教えることができます!」というと差別化ができますので、色を使った実務をされている方は、資格に頼らずご自身の実力で講師の仕事を取ることもできると思います。

③カラーデザイン(カラープランニング)

カラープランニングオフィスSunlight 渡辺江利子 売れる店づくりと店舗のカラーコーディネートを思なっています。

たとえばこんな感じに店舗の内装の色決めなどを行います。
ERIKOは、パーソナルカラーや講師業だけでなく、売れる店づくりを中心に内装外装各種デザインも取り扱っています。
時々商品開発やパッケージや服のデザインなんかもやりますよ

主に商品やパッケージ、建築、インテリア、プロダクト、ファッションなどの各分野の色彩計画を行うお仕事です。
このようなお仕事をされたい場合は、それぞれのデザインについての基礎的なことを知っておくことが必要です。

これらの仕事をするには、色彩調和の基本ルールを知る必要があり、それには色彩検定かカラーコーディネート検定の2・3級を学ぶことが近道です。

④カラーコンサルティング

こんな女性向けの可愛い雑貨店をプロデュースさせて頂きました開店初日300人超のご来店を頂きました!
こんなカラーコンサルタント+カラーコーディネートのお仕事もあるんですよ。

ERIKOはこの他、飲食店、カーディーラー、事務所、接客ブース、物販店など様々な空間のカラーデザインやディスプレイを手がけています。

生徒さんには惜しみなく情報やアドバイスをさせていただきますので、おまかせくださいね。

色を効果的に用いることで売り上げをUPさせるとか、ブランディングをするとか、経営に関係する分野のお仕事です。

こちらも色彩の最低限の知識(色彩検定・カラーコーディネート検定2・3級)と、経営や販売促進に関する幅広い知識の両方が必要です。

色彩の資格を取りつつ、経営や販促の勉強をしつつ、どこかで事例を扱わせて頂いて、実績を増やしていくことが必要ですね。

カラーデザインとカラーコンサルティングで微妙に違うと私自身が認識している部分を少しお書きしますね。
個人的には、「カラーデザインは売り上げに関係ないこと」「カラーコンサルティングは色で売り上げを上げること」な感じです。

以上、おおまかですが、主な色の仕事と、どんな資格が必要か、資格を取得した場合にはどんな仕事ができるかを並べてみました。
これはほんの一例ですので、いろいろご自身でお調べくださいね。
できればカラーアナリストだけにとどまらず、幅広く羽ばたいてほしいなと私は思っています。

こちらでは代表講師である私がいろんなお仕事をしていますので、あなたがどんなお仕事を受けてきてもアドバイスをすることが可能ですので、よろしければご検討下さいね^^

もしカラーの業界仕事についてご相談がある方は、2h20000円にてコンサルティングをさせて頂きます。

お気軽にお声掛けください♪
他社様のカラースクール卒業生さんも受け入れております。今の私でできる限りの対応をさせて頂きますね。